在宅介護支援センターのケアマネ求人

TOP >> 職場別の求人 >> 在宅介護支援センター

在宅介護支援センターのケアマネ求人

ケアマネの募集を見てみると、在宅介護支援センターの募集もしばしば見られます。求人サイトを見てもしばしば案件が出ていて、日本全国で掲載されているので自分の住んでいるところの近くで募集の見つかる可能性はあります。在宅介護支援センターへの転職を検討しているケアマネで、これまで施設で勤務してきた人は業務に若干違いのある点に注意しましょう。

施設のケアマネの場合、施設に入居している高齢者のケアプランを作成するのが主な仕事です。しかし在宅介護支援センターの場合、給付管理の仕事が含まれます。在宅介護支援センター事業者を利用するために必要な手続きです。そのほかにもケアプランの作成もあります。ケアプランを作成するにあたって、利用者のサービス限度額を把握して調整するスキルが求められます。

また在宅介護支援センターで勤務しているケアマネの中には、認定調査の仕事をしている人もいます。保険者からの委託を受けて仕事をする形になります。ちなみに自宅療養をこれまでしてきた人が、容体の悪化や家族の介護事情などで施設に入所するケースもあります。施設に入所した段階で、施設ケアマネに仕事が移行します。このとき在宅介護支援センターのケアマネから施設のケアマネに業務の引継ぎが行われることもあります。このようにいろいろなほかのスタッフと一緒になって仕事をする機会も多いです。在宅介護支援センターのケアマネで仕事をする場合、コミュニケーションスキルがより要求される傾向が見られます。

施設のケアマネの場合、ケアプランの作成など本来の業務のほかにも介護職員のお手伝いをすることもあるかもしれません。しかし在宅介護支援センターのケアマネの場合、ケアマネ以外の業務を求められることはあまり多くないです。少なくても介護職員と一緒になって、利用者の自宅を回ることはないでしょう。事業所の小さな在宅介護支援センターの場合は人手が足りないので、もしかするとケアマネ以外に事務作業の仕事を求められることはあるかもしれません。しかし施設ケアマネと比較すると、在宅介護支援センターの方がケアマネの仕事に専念しやすい環境が整っている傾向が見られます。

在宅ケアマネの求人を見ると、それまでの実績を採用基準で重視する傾向があります。もしキャリアが豊富にあれば、面接試験などでしっかりアピールしておきたいところです。主任ケアマネなどの上級資格を持っていると評価される可能性も高いので、時間に余裕があれば、ワンステップ上の資格を取得してみてもいいでしょう。

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.