ケアハウスのケアマネ求人

TOP >> 職場別の求人 >> ケアハウス

ケアハウスのケアマネ求人

ケアマネの活躍できる職場の中の一つに、ケアハウスがあります。別名軽費老人ホームC型とも呼ばれていますが、家族がいない、何らかの理由で家族との同居が困難で自宅で自立した生活を送るのも難しい60歳以上の一人暮らし・どちらかが60歳以上の夫婦が入居対象になります。ケアハウスでケアマネが必要な理由ですが、将来のためです。入居時には比較的元気で介護の必要のない人も結構多いです。しかし入居した後に時間が経過すると、状態が悪化して要介護の状態に陥る入居者もいます。その場合、要介護認定を受け、ケアプランを策定し、それに基づく介護サービスを提供する必要があります。このケアプランを作るときにケアマネが必要になるわけです。

ケアマネに対するケアハウスの募集を見てみると、介護付きの指定を受けているところで多く募集されている傾向があります。介護付き指定を受けているケアハウスは、要介護1以上の介護認定を受けている人が入居条件となります。よって、従来のケアハウス以上にケアマネへの需要があるわけです。

もしケアマネの仕事にできる限り専念したければ、自立型のケアハウスを探すのがいいでしょう。自立型とは文字通り、自分で入居者がある程度生活できる状態のことです。このため、多くの入居者のケアプランを立てる必要がないです。またケアハウスの中には、ケアプランを作成するだけでなく介護職員と協力して入居者の介護をするように求められるケースもあります。しかしもともと要介護者が少ないので、介護の仕事を任されたとしても業務量はそれほど多くないでしょう。ただし自立型のケアハウスの場合、さほどケアマネの必要性はありません。このため募集があまり出ない、出たとしても少数精鋭の採用になるので競争が厳しくなるかもしれません。

介護付き指定を受けたケアハウスの場合、ケアプランを立てるケアマネへの需要はかなり高いです。入所者を見てみると、要介護度1から5までのいろいろな入所者がいて、それぞれに合わせたケアプランを作成する必要があります。その意味では、ケアマネとしてスキルアップ・キャリアアップするには適した環境といえます。ただし介護の手が足りないので、ケアマネも介護職員のお手伝いをする頻度は多くなるでしょう。場合によっては認知症の入所者のケアを担当することもあるでしょう。コミュニケーションがうまくいかない、いろいろと文句を言われるなど、ストレスのかかる職場で仕事することもありますのでその部分は注意したほうがいいでしょう。

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.