正社員のケアマネ求人なら

TOP >> 希望条件別の求人 >> 正社員

正社員のケアマネ求人なら

高齢化が進んでいる現在、ケアマネを含めた介護職の正社員の求人は多く出ています。しかも都心部・地方関係なく正社員の募集がたくさん出ている傾向があります。都市部と地方を比較すると、地方は都市部と一緒か、むしろ多く募集されることが多いです。地方の方が高齢化率は高く、介護施設の需要が高いので正社員の募集が多いわけです。日本全国でまんべんなく出ているので、自分の住んでいる近くでケアマネの求人が出ていないかチェックしてみるといいでしょう。

ケアマネの求人の場合、正社員は事業所の中でもより重要なポジションで仕事をすることが求められます。このため、正社員の求人を見ると、それまでのケアマネとしてのキャリアを採用基準として重視する傾向があります。ケアマネの経験が不十分、新たに資格を取得したので未経験で転職を検討しているのであれば、そう簡単に転職先が見つからない可能性もあります。一方ケアマネとしての経験をある程度持っていれば、その部分をセールスポイントとしてアピールしておきましょう。面接試験はもちろんのこと、職務経歴書の中でどのような施設でどのような利用者相手にケアプランを作成してきたか、相談を受けてきたかを説明しましょう。

ケアマネを募集している施設・事業所を見てみると、人手の足りないところも結構多いです。このような施設・事業所の求人の場合、ケアマネ本来の業務のほかにも別の仕事を兼務してほしいというものも見受けられます。このような兼業スタッフの募集の場合、介護スタッフとして実際に高齢者の介助をお願いするケースが多いです。ケアマネの中には、もともと介護福祉士のような介助を実際に行ってキャリアアップのために資格取得した人も多いでしょう。このような介護業務を担当したことがあれば、その部分もアピールすれば正社員として採用される可能性は高いです。

高齢化はこのまましばらく続くとみられていますので、正社員のケアマネの募集は高止まりで推移していくでしょう。ただし介護報酬が今後どうなっていくかは注視したほうがいいです。介護関係の事業所では、介護保険の報酬が収益の主力を担っています。もし介護報酬の引き下げとなると、収益が減額して求人を絞る可能性があります。実際介護報酬が減額になったことで、計画されていた新施設の建築が中止・延期になる、従業員の待遇アップができなくなったケースも見受けられます。介護報酬の見直しがある場合には、どのような内容になるかはチェックしておいた方がいいでしょう。

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.