50代のケアマネ求人なら

TOP >> 希望条件別の求人 >> 50代

50代のケアマネ求人なら

50代で転職するとなると通常はよほどの実績を持っていないとかなり厳しいといわれていますが、ケアマネの場合50代でも転職できる可能性は十分あります。高齢化が進んでいる現在、日本全国どこでも介護の人材が求められています。そしてケアマネの資格を取得する人は多いのですが、実働人数は取得者と比較してかなり少ないといわれています。ケアマネは女性の資格保持者も多く、育児や介護などの関係で仕事復帰できず実働者の数が伸びないという事情があります。このようにケアマネは全国的に慢性的に不足している傾向があります。その関係で、50代でも採用される可能性は十分にあります。50代どころか、求人情報を見ると60代よりも上の人材を対象にした募集なども見受けられます。

50代でケアマネの求人に応募する際には、それまでの自分のキャリアをいったん見直してみるといいでしょう。ケアマネの経験がすでに豊富にあれば、過去どのような利用者を担当してきたか、どれくらいのケアプランを作成した実績があるか、これまでどのような施設で勤務してきた経験があるかをまとめましょう。中にはケアマネの資格を今回初めて取得したという人もいるでしょう。その場合でも例えば介護職員として、利用者の介助の経験があればその部分をアピール材料にしましょう。事業所の中には、ケアマネの業務だけでなく介護職員の手伝いをお願いしたいというところもあります。この場合、過去に介護職員の経験があれば、即戦力として使えると先方が判断する可能性があります。

もし今まで全く異なる職種で仕事をしてきて、今回ケアマネに異業種転職する場合でも、今までの社会経験をまとめておくことです。その社会経験の中で介護の世界にどのように生かしていくか、説明してみるといいでしょう。50代になって異業種転職するのは、決して簡単なことではありません。しかし自分の経験を介護の世界でどうやって生かすかを詳しく説明できれば、採用される可能性が高まります。

50代のケアマネは、もしかすると周りはみんなかなり年下というケースもあるかもしれません。そして年下のリーダーのもと、指示を受けながら業務することもあります。このような年下との逆転した立場を受け入れられるかどうかが、50代のケアマネの転職を成功させるコツです。自分は新参者であるという自覚の上で、どん欲に勉強して職場に順応することが大事です。50代であってもケアマネの転職は決して難しくないことは理解しておいていいでしょう。

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.