40代のケアマネ求人なら

TOP >> 希望条件別の求人 >> 40代

40代のケアマネ求人なら

普通の転職市場では40代を過ぎるとなかなか就職先を見つけるのは難しいといわれています。しかしケアマネに関しては例外です。ケアマネというか、介護業界そのものが慢性的な人材不足の状況に陥っています。このため、40代でもケアマネの需要は高いです。40代で実際に転職に成功したケアマネの事例も少なくありません。

40代になると、さすがにケアマネ未経験者で転職するのは難しいのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし40代ケアマネ未経験者でも転職に成功した事例もあります。例えば今まで全く異なる業界で仕事をしてきた人が、異業種転職する事例もあります。また異業種からいったん介護職員としてキャリアを積み重ねていって、さらなるステップアップのためにケアマネの資格を取得してケアマネの仕事を確保したという体験談もネットで紹介されています。このように40代でほかの業種からケアマネに転身するケースも珍しくないので、興味のある人はチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

40代女性は育児がひと段落するケースも多いでしょう。それまでケアマネとして仕事をしてきたけれども出産を機にいったん職場を離れる、フルタイムからパートタイマーの仕事に変わるケースも多いです。このような人が40代になって、また職場復帰したいと考えるケースも多いです。求人情報を見てみると、このようなブランクのある人材を歓迎している案件も見られます。そのほかにもパートタイマーが常勤のケアマネに転職した事例などもしばしば見られます。子育てが学校に入ったことでひと段落したのであれば、職場復帰のため情報収集してみてもいいでしょう。

40代になるとケアマネの経験もそれなりに充実してくるでしょう。そこでキャリアアップするために転職を希望する事例もしばしば見られます。例えばケアマネのリーダー格で仕事をするとか、中には居宅介護支援事業所の所属長などの管理職にステップアップしている人も少なからずいます。管理職にステップアップすることで、年収がアップするかもしれません。普通のケアマネの場合、年収400万円といったところが平均といわれています。しかし管理職待遇になれば、年収500万円とか600万円など収入アップできる可能性はあります。管理職はすでにマネジメント経験のある人の方が採用されやすい傾向があります。しかしケアマネの募集を見てみると、管理職候補の求人も見られます。この場合、管理職の経験がなくても採用される可能性があります。

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.