年収600万円以上のケアマネ求人なら

TOP >> 希望条件別の求人 >> 年収600万円以上

年収600万円以上のケアマネ求人なら

ケアマネで年収600万円を超える条件で仕事をする人は、ごく限られているといえます。もともと介護業界はそれほど多くの収入の稼げない世界といわれています。ですから年収600万円以上で求人を探すのであれば、そう簡単に転職先は確保できないと思ったほうがいいです。ただし年収600万円以上の求人が全くないかというとそうではありません。

もし年収600万円以上の条件でケアマネの仕事をしたければ、管理職待遇の案件を中心に探してみるといいでしょう。管理職になれば、給料はアップします。そのためには主任ケアマネという資格を取得するといいかもしれません。主任ケアマネとは、ケアマネで所定の研修を受けることで与えられる資格のことで通常のケアマネの上級資格といわれています。主任ケアマネの研修はだれでも受けられるものではありません。まずケアマネとしての実務経験が通算で5年以上あること、ケアマネジメントリーダー養成研修を修了して、実務経験が通算3年以上あること、日本ケアマネジメント学会が認定する認定ケアマネジャーであること、地域包括支援センターに配置されている人のいずれかの条件を満たしていることです。ただしこの条件は、地域によっては若干変わってくるので注意です。

主任ケアマネになると、ほかのケアマネの監督・指導の仕事もプラスされます。ケアマネの仕事を適切にフォローアップすることが、主な業務内容になります。ケアマネの中にはケアプランを作成するにあたって、主任ケアマネに相談することもあるでしょう。その場合に、必要な支援やアドバイスを行います。事例検討会や会議を開いて、地域のケアマネの交流を進め、スキルアップを行うことも主任ケアマネの使命の一つです。このように従来のケアマネの仕事にプラスして、管理監督・指導などの業務がプラスされます。

そのほかにはさらに上を行って、センター長や施設長といったポジションで仕事をすれば、年収600万円のハードルを超える可能性が十分出てきます。しかしこのような人の上に立って仕事をする管理職はケアマネの仕事とは適性などが異なります。部下への指導や監督ができるかどうか、慎重に見極める必要があります。管理職の募集は、すでに管理経験のある人を対象にしているケースが多いです。しかし求人情報を見ると、「管理職候補募集」と書かれている求人も時折見かけます。このような求人であれば、管理職未経験者でも応募可能なのでチェックしてみませんか?

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.