介護職からケアマネに転職する際の注意点

TOP >> 転職の基礎 >> 介護職からケアマネに転職する際の注意点

介護職からケアマネに転職する際の注意点

介護職員として仕事を続けてきて、そろそろキャリアアップしたいなと思っている人はいませんか?その場合、人気のキャリアアップのルートとして、ケアマネの資格を取得し仕事をする方法があります。ケアマネはケアプランの策定をして、介護職員にプランの通りに介護サービスを提供させます。また必要に応じて福祉用具のメーカーやレンタルをしている業者と調整も行います。介護サービスの中では核となる司令塔になります。重要な役割を担いますし、介護職員と比較すると給料がアップする可能性もあります。

介護職からケアマネに転職を希望する人もいるでしょうが、その際に注意すべき点がいくつかあります。まずは仕事内容についてです。ケアマネは先ほども紹介したように、ケアプランの策定をするのが基本的な仕事です。しかし事業所によっては、介護職も兼任してもらうこともあり得ます。介護の世界は高齢化がどんどん進んでいる現状で、慢性的な人不足の状況に陥っています。特に中小の事業所の場合、介護職員の手が足りていないところも結構あります。そうするとケアマネも現場に駆り出されて、介護サービスを提供しなければなりません。ですからケアマネの求人に応募する場合、自分の業務範囲がどこまでなのかはしっかり確認しておいた方がいいです。

また介護職の場合、高齢者の介助を行っていればよかったかもしれません。しかしケアマネに転職をすると、いろいろな人と調整をしなければなりません。介護スタッフへの指示や福祉用具のメーカーとの納品調整など、いろいろな介護関係のスタッフの間を取り持つ懸け橋のような存在になります。このため、介護の専門的な知識・スキルだけでなく、マネジメントスキルも要求されるということも認識しておきましょう。施設の場合、ケアマネは1人しか在籍していないところもたくさんあります。ケアマネとして仕事をするにあたって、いろいろと相談できる相手がいないかもしれないというのも転職活動する際には注意点として頭にとどめておきたいところです。

ケアマネはそれまでの実績を採用の判断基準として重視する傾向があります。介護職からケアマネにキャリアアップする場合、ケアマネの経験のなさがマイナスに作用する恐れがあります。その場合、介護職としてのキャリアを面接試験の場などでアピールするといいでしょう。介護職の仕事も職員のお手伝いをする点をアピールすれば、ケアマネとしての経験不足を補ってくれる可能性があります。

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.