業務未経験でもケアマネとして転職できる?

TOP >> 転職の基礎 >> ケアマネ転職時の志望動機のポイント

業務未経験でもケアマネとして転職できる?

ケアマネの資格は持っているけれども、実務経験が全くない人もいるでしょう。未経験者のケアマネ転職のポイントになるのは、まずどこに応募するかです。実はケアマネを採用する事業所を見ると、ケアマネの資格の有無よりも実務経験がどの程度あるかを採用では重視する傾向があります。「実践なき知識は無に等しい」という言葉もあるほどです。つまりケアマネの資格はあっても実務経験がないと、転職するのはそう簡単なことではありません。介護職の場合、経験の長短・有無などで割り振る仕事に調整ができます。しかしケアマネの場合、一緒の業務を任されるのでどうしてもそれまでの実績がものをいうのです。

未経験者がケアマネの求人に応募する場合には、まず研修制度が整っているところにターゲットを絞るべきです。大手の事業所を中心として、ケアマネを対象にして研修プログラムを用意しているところも見られます。また未経験者は経験者とチームを組んで、マンツーマンによるOJTを実施しているところもあります。このような教育体制の整っているところは、比較的未経験者でも採用する傾向が見られます。また未経験者を受け入れている事業所は、求人情報のコピーを見てある程度見分けがつきます。「未経験者歓迎」「経験不問」はわかりやすいでしょう。そのほかにも「やる気のある方歓迎」「アットホームな職場です」なども未経験者をサポートする体制の整っているところが多いです。

ケアマネの転職先となると、大きく居宅介護事業所と介護施設の2系統に分類できます。両者を比較すると、介護施設の方が未経験者のケアマネの就職先としてはおすすめです。居宅介護事業所は簡単に言うと、訪問介護の形態をとっている事業所のことです。自宅療養している人に関するケアプランを策定する必要があります。どのような環境で生活しているのか、普段介護している家族がいるのかなどを配慮しながらケアプランを作成する必要があります。するとどうしてもそれまでの経験が必要になります。しかし介護施設の場合、入所者は同じ施設の中で生活しています。環境や介護人の有無など考慮すべき項目が少なくなります。このため、経験のないケアマネでもなんとかケアプランを問題なく策定できるでしょう。

またケアマネ未経験者の場合、面接試験などでは「どうしてもケアマネの仕事をしたい」という熱意をアピールすることが大事です。また介護士としてそれまで仕事をしてきたのであれば、「必要に応じて介護の仕事もします」といったアピールをすると採用される可能性も高まるでしょう。

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.