ケアマネから社会福祉士に転職する際の注意点

TOP >> 転職の基礎 >> ケアマネから社会福祉士に転職する際の注意点

ケアマネから社会福祉士に転職する際の注意点

ケアマネの中にはステップアップするために、ほかの職種への転職を検討するケースも少なくありません。その中で多いのが、社会福祉士への転職です。ケアマネも社会福祉士も介護・福祉系の仕事ということで共通する面は多いのです。このため、異業種転職する際の候補の一つになりますし、ケアマネと社会福祉士は福祉に関連する資格は共通しています。しかし両者には明確な違いがありますので注意しましょう。

ケアマネは介護に関する専門家のことです。ケアプランといわれる介護サービスの計画についての立案と管理・運用を行います。基本的にケアマネが相手するのは高齢者になります。一方社会福祉士はケアマネのように介護の分野で仕事をしている人もいます。しかしそのほかにも児童福祉や障碍者福祉なども担当することも少なくありません。高齢者を相手にするだけでなく、何らかの問題を抱えている子供たちや障碍者の方たちも相手にします。いわゆる社会的弱者のほとんどを網羅している職業といえます。より福祉や介護の対象が広くなりますので、この世界でステップアップしたければケアマネから社会福祉士に転職するのも一つの方法です。

ただしケアマネから社会福祉士に転職するのには、多少時間がかかりますので注意しましょう。まず社会福祉士になるためには、国家試験に合格する必要があります。そして国家試験を受けるためには、受験資格を満たす必要があります。ケアマネの資格を持っているだけでは受験資格を満たすことはできません。ケアマネの資格を持って実務経験があり、なおかつ一般養成施設で専門的な勉強をして受験資格を手にできます。この間、ある程度の時間が必要になります。そして問題になるのは一般養成施設で勉強している期間です。勉強に専念するか、仕事をしながらスクールなどに通って勉強を両立するか迷うところです。前者の場合、勉強している期間は収入がなくなります。その場合、生活費をどうやりくりするかの問題があります。後者の場合、仕事をしながら勉強を続けるのは肉体的にも精神的にも大きな負担がかかります。また社会福祉士の試験難易度はケアマネと比較すると高いです。つまり簡単に合格できないかもしれません。

しかし社会福祉士の資格を取得できれば、仕事の幅を広げることは可能です。介護施設の中には、社会福祉士の資格取得を希望すれば、受験のサポートをしてくれるところもあります。サポートをうまく利用して、社会福祉士への転職にチャレンジしてみませんか?

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.