ケアマネの転職にベストな年齢は?

TOP >> 転職の基礎 >> ケアマネの転職にベストな年齢は?

ケアマネの転職にベストな年齢は?

ケアマネの試験概要を見てみると、5年の介護関係の実務経験を積むという受験資格があります。もし大学を卒業して新卒で入社する、もしくは第二新卒で入社した場合だと、受験資格を得られるのは20代半ばごろから30歳前後と推測できます。ケアマネは介護関連の資格の中では、比較的難易度が高い試験といわれています。合格率を見てみると、だいたい例年15〜20%程度で推移しています。このため、一発で合格して資格取得するのは難しいかもしれません。そうして考えますと、早くても30歳前後で資格取得する形になるでしょう。もし異業種から転職してケアマネの資格を取得するのであれば、30代半ばとか40歳前後という人も出てくるはずです。

ケアマネの転職のタイミングとしてポピュラーなのは、2つあるといわれています。まずはケアマネの資格を取得したのをきっかけに転職する方法です。ケアマネの資格取得した人の中には、小規模の事業所に勤務している人も少なくありません。するとすでにケアマネの方がほかにいて、自分には空いている席がないこともままあります。そこでケアマネとして仕事のできる職場を探して転職活動をせざるを得ないわけです。

そしてもう一つ、ケアマネの仕事をして5年程度経過したところで転職するパターンも多いです。5年経過すると、主任ケアマネの研修を受けることができます。そこでキャリアアップできる環境を求めて転職する人も多いです。ケアマネで5年のキャリアがあるとなると、介護分野の実務経験は10年を超えてくるはずです。これだけのキャリアを持っていれば、管理職として登用してくれる事業所の出てくる可能性もあります。このため、ステップアップするために転職を検討する人が増えるわけです。

そう考えると、ケアマネとして転職するベストな年齢は30歳から40代にかけてということになるでしょう。40代であれば、少なく見積もってもあと10年は活躍できるので、雇用する側としても雇いやすいです。50歳に突入してしまうと、定年までの期間が短くなります。また最近の介護事業所を見てみると、ソフトを使ってシステム管理しているところも増えています。自分のところの介護ソフトを使いこなせるようになるまでに、多少の時間が必要になります。すると50歳を超えている人を採用するのは、費用対効果を考えるとそれほどおすすめの人材とは言えません。ただし介護の世界は慢性的な人材不足の状況なので、50代でも十分なキャリアやスキルを持っていれば、採用してくれる事業所はあります。

ケアマネ転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
介護求人すぐみつかるナビ 無料 首都圏 ★★★★★ 詳細


>>> 公式ホームページで詳細をチェック <<<

 ⇒⇒ 人気ランキングの続きを詳しく見てみる


Copyright (C) 2017 ケアマネ転職サイトランキング All Rights Reserved.